女性

美容外科で美しさを手に入れる|圧倒的な美貌を得よう

お手頃価格の美容治療とは

女性

低料金で利用できます

一重まぶたを二重にしたいと望んでいても、費用の工面をつけることができないという理由から美容外科で手術を受けることを断念してしまう人がたまにいます。切開法による二重形成術を受ける場合は、両目で30〜40万円が相場料金になっています。もっと大掛かりな美容整形手術を受ける場合に比べるとさほど高額とは言えない金額ですが、二重形成術を希望する患者の大部分は年齢が若い人であるため、その負担は決して軽いものではありません。しかし、10年位前から行われるようになってきた埋没法による二重形成術であれば、10万円前後の費用負担で手術を受けることができます。プチ美容整形の一種として埋没法による二重形成術を提供している美容外科クリニックが多いですが、若年層を中心に大人気になっています。心斎橋には、プチ美容整形メニューをたくさん用意していることで知られている美容外科クリニックがあります。心斎橋周辺で営業している美容外科クリニックの数はとても多いですが、近年のプチ美容整形人気の影響でプチ美容整形メニューが豊富なクリニックに患者が集中しています。その心斎橋のクリニックで行われているプチ美容整形の中でも、ダントツで高い人気を誇っているのが埋没法による二重形成術です。30万円もの手術費用を用意することは難しいという人でも、10万円程度であれば何とかできるというケースが多いです。学生でもアルバイト代で何とかできる金額ですので、心斎橋のクリニックでまぶたを二重にする人が増加しています。

埋没法による手術

昔から一般的に行われてきた切開法による手術の場合は、まぶたの皮膚にメスで切れ目を入れて二重のラインを作ります。クッキリとした深いラインを作ることができますし、まぶたについている余分な脂肪を除去することもできるため、目元の印象を見違えるほどスッキリさせることができます。ただし、まぶたをメスで切るわけですから、術後にかなり強い腫れが生じます。また、切った部分を糸で縫合しますので、抜糸が済む前は人前に出ることができません。片目ずつ手術を受けて眼帯で隠しておくという方法もありますが、治療が完了するまでに長い時間がかかってしまいます。通院回数も多くなってしまうため、通院のための時間を作ることが難しい人には不向きな方法です。でも、プチ美容整形の一種である埋没法による手術であれば、たった1度の通院で全部済ませてしまうことができます。現実的なことを考えると、事前カウンセリングで1回、手術日にもう1回、全部で2回通院することになるケースが多いですが、それほど大きな負担にはなりません。また、皮膚をメスで切るわけではありませんので、術後の腫れがほとんど気になりません。もちろん、糸で縫ったりもしませんから、手術を受けた翌日からほぼ普段通りに生活することができます。忙しい人でも気軽に治療を受けることができるため、最近では切開法よりも埋没法を選ぶ人の方が多くなってきています。