女性

美容外科で美しさを手に入れる|圧倒的な美貌を得よう

年齢肌ならではの悩み

Woman

種類に合わせて

一見同じように見えるしみにはいくつかの種類があります。例えば子供の頃からあるソバカスもあれば、年齢とともに現れる老人性色素斑、にきび跡などの炎症による色素沈着や肝斑などです。先天的なものもあれば後天的なものもあり、年齢を重ねるとそれぞれのしみの原因が見た目だけでは判断するのは簡単ではありません。心斎橋の美容外科でも行われているアンチエイジング治療の一つであるしみの除去と言えばレーザー照射が有名ですが、すべての種類のしみに有効であるとは言えません。中でも肝斑と呼ばれるしみに対してレーザーを照射するとさらに濃くなってしまうとも言われています。そのため治療を受ける際は種類をまず見極める必要があります。レーザー治療で使われる機器は時代とともによりクオリティの高いものが開発されています。肝斑にも対応するレーザーも現代では使われています。クリニックによって使っている機器は違うものです。古い機器を使い続けているところもあれば最新の機器を取り入れているところまで様々です。心斎橋で肝斑の治療もできる機器を取り入れている美容外科をあらかじめホームページや比較サイトなどを活用して調べてみると良いでしょう。

メイク時間の短縮にも

年齢とともに増えてくるしみは顔全体など広範囲に広がって現れることも多く、メイクで隠すのも大変な作業となってきます。全体に広がるしみに加えて、所々にピンポイントで現れる濃いしみが加わり老けた印象を加速させてしまいます。広範囲を全体的に薄くする治療から、ピンポイントで薄くする治療まで様々な方法が存在しており、肌の悩みに適した方法を選ぶと良いでしょう。心斎橋のすべての美容外科で同じ治療が受けられるわけではないので、しみの治療に特に力を入れているところを中心に探してみましょう。肌のしみが薄くなると肌が明るく見えて若々しい気分になれるだけでなく、毎日のメイク時間の短縮にも繋がります。濃いしみを隠すためにコンシーラーを丁寧に肌に塗布するのが習慣となっている方も多いと思います。全体的に肌を明るく見せるために特別な化粧下地やファンデーションを使っている方もいます。クリニックでの治療を受けてしみが薄くなると、毎日のベースメイクが格段に楽になるというメリットがあります。ベースメイクが薄くなると化粧が崩れにくくなったり、ナチュラルメイクを楽しむこともできるようになるでしょう。心斎橋でしみにお悩みならまずは美容外科でしみの種類を見極めてもらいましょう。